ホーム > ごあいさつ

ごあいさつ

院長紹介

松浦 伸一(マツウラ シンイチ)


カイロプラクター・イネイトセラピスト・柔道整復師 Ph.D.Medicai Arts

取得資格:カイロプラクター 柔道整復師
趣味:オーケストラ ブラスバンド
経歴:カイロプラクター/医学博士
(Ph.D Medical Arts)
追手門学院大学経済学部卒
日米カイロ学院
関西療法士専門学校
シオカワカイロスクール
クリーブランドカイロ大学(解剖実習)
マリーイマーキュレット大学大学院
医学研究科博士課程修了
日本イネイトセラピスト協会会長
日本カイロプラクティックリサーチ協会会員
柔道整復師

施術1-1

院長より

仕事はカイロプラクティックをしています。

私は、運動は好きでしたが、学生時代に腰を痛め、それ以来、ぎっくり腰は何度となく起こし、就職してからは、腰痛がひどくなり、かばんを持って営業まわりもできなくなり、左の足の裏はしびれが出ていつもシールか何か張り付いているかのような違和感がありました。椎間板ヘルニアにもなっていたのです。

また、スキーで左の膝の靭帯も痛め、階段や、運動をすると膝の痛みに、

また、首のむち打ちで、手のしびれにも悩まされていました。

そんな20代でしたが、30才の時カイロの勉強を始め、自分の体の仕組みを知り、体の使い方を変えると、手術も薬もなくても症状はなくなっていき、

今では自分の体を実験台にした経験で、多くの方々を笑顔にすることができるようになりました。

今では、血圧や、不整脈や、不妊など、どうすればよくなるのかを体の仕組みを使って、いろんな症状を解決しています。

どうして悪くなったのか、不調の原因を知り、それが、お薬や手術なしで良くなっていくことに出会ううちに、お体の治す力、体の使い方の大切さを知りました。

多くの方が、「年のせい」や「○○病と言われたから」と体の使い方を知るチャンスを逃してあきらめてしまうことが多いですが、

自分たちの体のことあまり知らされないままで、他人の手にゆだね、体の可能性を発揮しないまま終わっていくことは悲しいことだと思います。

それは、気持ちや感情までも自由を奪われてしまうことになります。

本当の情報を少しでも知っていただき、人生の最後の瞬間まで、楽しい人生にしていくためのお手伝いをさせて頂けたらと思っています。