ホーム > むち打ちの痛みが取れて表情まで明るく・・

むち打ちの痛みが取れて表情まで明るく・・

  • 主人の仕事の都合でアメリカにいた時、交通事故でむち打ち症になったのですが、その時はたいした事もなかったのでそのままにして過ごしていました。

    ところが帰国してから2~3年経った頃、階段から滑ったのをきっかけに調子が悪くなり、整形外科にかかったとき、ムチ打ち症のことを指摘されたのです。
    耳の後ろから首の付け根にかけての痛みがひどく、気がつくと涙が出ていることもしばしば。

    貼りすぎて皮膚がかぶれるほどシップ薬も貼りましたし、整形外科では、いつもけん引してもらいましたが、いっこうによくなりません。

    いつも頭がボーッとした状態で気分が優れず、ずっとこんな調子なのかと絶望的な気分になっていた頃、P T A の集まりで、「アトラス・セラピー」のことを教えてもらいました。

    半信半疑ながら、もすぐに予約を取りました。コンピューターで解析すると、首の骨がずれていることが判明し、バランスを調整して歪みを正してもらったのですが、そんなことで本当に効果があるなんて思えませんでした。

     ところが、いつも知らない間に首の所へ手をやっていたくらいの痛みが、いつの間にかなくなっているのです。

     最近では、周りの方からも、姿勢が良くなった、表情まで明るくなったといわれて喜んでいます。

     また、教えていただいた呼吸法と体操のお陰もあってか、首周りとおなか周りがなんとなくすっきり細くなったこともうれしいです。

     生まれ変わったような気分で何かやってみようという気もわいてきました。
     いつも痛みを抱えているときには考えられなかったことです。

     人の身体には生命を維持していくための限りない力が存在しています。多くの症状は、何らかの理由があって、その力を出し切れない状態でいる身体からの信号なのです。

     年だからとか。昔からそうだったとか理由をつけて、その警報をほったらかしてしまうと、もっと深刻な症状になってしまいます。

     身体の歪みや、バランスの異常を正常に戻していくことで、筋肉の慢性的な負担を取り除いて、神経と血液のスムーズな流れを回復させることが大切です。   (院長談)

    woman05