ホーム > 身体の不調その原因は?

身体の不調その原因は?

  •  女性のためのソフトカイロ入門

    1

    体の不調その原因(理由)は?

    腰が痛い、肩が痛い、膝が痛いなどの症状が出た時、歳だからとか、使いすぎといった説明を受ける事がよくあります。

    「歳だから」が原因なら、若返るほかにはよくなりませんね。
    「使いすぎ」ということは、いいかえれば使わなかったら治るのかな。
    仕事や、スポーツを辞めないといけないのですか?寝たきりになりますか?

    なにかおかしいですよね。

    確かに、手首や指、膝などの関節にある「じん帯」を伸ばして関節が不安定になると、
    関節自体がサポーター代わりに体液をそこに集めて、腫れたり、水をためて動きを制限させて支えようとするので、
    そういう時は、しばらく休めておかなければいけません。

    でも、使わないわけにはいかない事もあります。ご自分で納得のいく回答が得られない場合は、一度よく考えてみてください。
    なぜこうなったのか、」「どうすれば良くなれるのか」を知りたいのではないですか。

     

    私達カイロプラクターは、体の仕組みを知っていればこそ、原因不明と言われたり、
    手術しても無理だと言われるような方でも、当たり前のように症状が改善していくことを目にする事が出来るのです。

    どうすればよくなるのか

    当院ではまず初めに、皆さんに重りをぶら下げた線(重力線)の前に立ってもらいます。
    本来ならばその前に立つと、頭の中心がその線にかさなるのですが、様々な症状で来院されてくる多くの人たちは、
    この重力線から左右どちらかに偏って立ってしまいます。

    しかし、自分ではわからないので体が傾いている事を知らないままで毎日の生活を送ってしまっていると言う事なのです。

    体が傾いていると言う事は、足の長さや、肩の高さも左右違っていますし、骨盤の傾きや、仙骨(尾骨)の傾きもあります。
    左右のふくらはぎを押してみると、痛いほうとそうでない方があったり、肩の筋肉のはりも左右差があります。

    その様なバランスの違いにより、体を支えるために、常に同じ部位(頭を支えるための首、
    上半身を支えるための背中や腰、骨盤の歪みによる股関節や膝、内臓機能障害など)に負担をかけ過ぎて
    「コリ」→「痛み」→「シビレ」→「まひ」の様に症状が進行していきます。

    その体の歪みを左右している頚椎を調整してみると、
    多くの人はその場で腰の捻れ、膝の痛み、背中、首のはりまで取れてしまいます。