ホーム > 圧迫骨折から杖なし登山へ!!

圧迫骨折から杖なし登山へ!!

  • 圧迫骨折から杖なし登山へ!!

    症状: 圧迫骨折の痛み 骨粗しょう症  背中、腰の痛み  69才 女性

    来院のきっかけ : 地域情報誌を見て

    感想 : 今年二月、せ きがひどくて気管支炎から肺炎になりかけ、一週間入院しました。退院した翌朝からひどい腰痛で、六日間横になっていてもちっとも良くなりません。総合病院 の整形外科で「骨粗鬆症が原因になって咳が響いたのか腰の骨がつぶれて圧迫骨折をしている」と、診断されました。痛み止め、座薬、シップ等使いながら三ヶ 月が過ぎでも治りません。背中から腰が痛く、少し骨も出てきて寝返りもままなりません。買い物もカートを押していく始末。そんな6月、マイタウン奈良が目 にとまり同院へ。「Kさん、大丈夫ですよ!」と、先生。骨密度を上げる体操、姿勢や気持ちをコントロールするうち、自然に痛みもとれ、3ヶ月で立山のアル ペンルートを歩くほどに回復。希望の再出発をしますとの事。

    【アトラスセラピーからのメッセージ】
    圧迫骨折をされた場合、放っておくと骨はさらに圧迫され、動きが制限されて、ますますつらくなっていきます。身体の歪みをとり、骨折部位に対する負担を分散することで、背骨の動きと痛みも改善します。