ホーム > 悩んでいた月日が嘘のようーもう痛くないー

悩んでいた月日が嘘のようーもう痛くないー

  • 第14回

    悩んでいた月日が嘘のよう ~もう痛くない~

     

    【48歳Sさん談】

    Sさんは大阪泉北から奈良に越して5年位。

    「もともと体が弱く全身不調に悩まされて、月の内、半分は横になっている状態でした。

    第二子を切迫流産したり、10年位前に右足靭帯を切ったり、肺炎を患ったり、常に背中に誰かが乗っているような不快感から抜け出せない苦しい日々の中で、いろんな病院や代替医療等を転々としました。」

    そんな時、お子様の友人のお母さんが同院のスタッフと知り合いだったのがご縁でアトラス・セラピーへ来院。

    3ヶ月目にして体の全体の症状が目に見えて改善したという。

    運動療法や、心理療法をも取り入れた指導で吐き気をもよおすような肩こりや、頚痛、頭痛、腰痛や神経痛等がほぼ消えて爽やかな日常生活を取り戻す事が出来、同院に出会った幸運を感謝していると明るく語ってくれた。

    誤った常識や情報で苦しむのは悲しい事です。
    この方の様に、本当の原因を改善する事で『原因不明』と言われていても改善していきます。

    自分のお体の可能性をもっと信じてください。

    ボキボキしない指ではじくほどのソフトな第一頚椎(アトラス)の矯正技術は、脳への血流と神経の流れを改善させるだけではなく、骨盤や膝、足関節の歪み、内蔵の機能まで改善させていきます。

    「自分を治す力」が出る条件を整えてみませんか?      (院長談)

    地域情報誌マイタウン誌取材より。