ホーム > 手術と松葉杖から開放されて

手術と松葉杖から開放されて

  • 手術と松葉杖から開放されて
    (先天性股関節形成不全による股関痛の改善)

    今まで、痛いところをかばって筋肉を動かさないでいるうちに、左足も痛くなり、肩こり、手のしびれ、姿勢までも曲がってしまいました。
    松浦先生は、 リラックスしながら、ストレッチや歩行時の力の入れ方の練習等、筋力を鍛える指導をされ、驚いたことに、薄紙をはがすように痛みが楽になって、松葉杖なし で普通に歩けるようになりました。私と同じ悩みの方、希望を捨てないで下さい。

     【アトラスセラピーからのメッセージ】
    股関節の痛みは本当につらいものです。この方のように40年以上も正しい情報を受けられなかったのは悲しいことです。
    体の可能性を引き出すことは、特別なことではありません。気づいた時からどんどん変われますので、お身体を信じてください。

    症状:
    先天性股関節形成不全による股関節痛、 痛みで歩けない 47歳女性

    来院のきっかけ: 義理の姉の勧め

    感想: 生まれつき の右股関節形成不全で体重がかかると軟骨が擦れて痛くほとんど歩けない状態になり、病院では、「手術しても15年くらいで再手術が必要。
    もう少し手術の時 期を延ばす方が良い」と言われましたが、痛くて歩けなく思い悩んでいる時、義理の姉の勧めで同院へ。