ホーム > 歩けるなんて夢のよう!

歩けるなんて夢のよう!

  • 【60才Aさん談】

    「25年前自転車に乗っている時転びました。

    左足の甲を骨折し、以来右膝や腰まで痛むようになって病院を点々としてもいっこうに良くなりません。

    手術とまで言われて悩んでいた時、松浦院長に『とにかく3か月通ってみてください、必ず良くなりますよ。』と、言われ治療を受ける事に・・・」

    「本当に驚きました。最初の施術で今まで冷たかった足先が温かくなったのです。

    行くたびに良くなって、今では歩いても家事で立ち働いても痛みもなく喜びの気持ちでいっぱいです。」

    とAさん。

     

     

    この方の場合は、自転車での転倒時、足の骨がずれており、そのままにされていたせいで身体に無理が生じたのがすべての原因でした。

    足のことなのですが、その足へ神経を流してくれている脳の働きも、その部位に対して、感覚を遮断していましたので、それを回復させることが症状の回復の近道でした。  (院長談)

    「地域情報誌マイタウン」誌取材より

    歩けるなんて夢のよう!

    骨折後の痛みと変形の改善