ホーム > 舞が楽しめる日々を感謝

舞が楽しめる日々を感謝

  • 第10回

    日舞が楽しめる日々を感謝

    吐き気、めまい、足先までのしびれの改善

    【57歳Bさん談】

    38歳の時、子宮筋腫を手術して以来、めまい、シビレ、吐き気、耳鳴り等に悩まされ、耳鼻科へ、カイロ、ハリへと・・・結局良くならない。

    3ヶ月前ふと目にした当誌をきっかけに同院へ・・・

    最初の施術でカチカチの肩が軟らかくなり、月4~5回通う内にあがっていた肩が下がると共に首筋もスッキリ伸びました。

    足先までのしびれ、吐き気や目まい等も解消していくのがわかりました。

    姿勢も良くなり、頑張って続けている日舞の仲間もみな驚いています。

    20年近くも苦しみましたが、やっと本物に出会えた喜びでいっぱいです。
    この方の場合は、首から背中までの筋肉が固まりすぎて、脳への血流も悪い状態でした。

    ビデオ画像やX線写真から脊椎の歪みをコンピューター解析し、外部からの軽い振動で、頭蓋骨と第一頚椎(アトラス)の位置関係を矯正して、脳への血流と神経の流れを改善させると、筋肉は柔らかくなり、本来の自然治癒力を引き出して症状を改善していくので、ボキボキしたり、痛みはなく安心して受けていただけます。

    筋肉を緩めるためには、頚椎のずれを整えると頭を支えることが楽になりますので、筋肉はガンバル必要がなくなり、瞬時に緩んでくれるのです。

    筋肉が固まっている理由をよく考えず、筋肉に対してのみ緩めることをしてしまうと、さらに頭を支えきれなくなり、筋肉に挟まれている血管と神経の障害を起こしてしまいますので気をつけてください。
    (院長談)

    「地域情報誌マイタウン」誌取材より