ホーム > 長引く膝の痛みは「かかと」の使い方で改善できます。

長引く膝の痛みは「かかと」の使い方で改善できます。

  • 膝の痛みでお悩みの方、変形しているとか、年のせいとか言われても、どうすれば良くなるのかを知りたいはずですよね。本当に治すことを知ってほしいです。

    痛みはつらいものですが、膝が伸びなかったり、曲がらなかったり、痛みだけとれたとしても治っていることにはなりません。
    「かかと」は、からだを地面から支えてくれる場所なのですが、意識をしていないと自分で捻挫をするような変なねじれ方をさせてしまうことがあります。
    かかとの外側に体重をかけ気味になっていると膝のねじれを生み、股関節や腰まで負担をかけてしまいます。

    かかとを地面に対して、少しだけ「内側」に意識を入れて、歩いてみてください
    膝から下のねじれがとれるので、また、足首が柔らかくなるので膝も、股関節も腰も緩んで痛みが消えていきます。
    正しい構造の方向に使っていくという意識をもって日々負担をかけないようにしていきたいものですね。

    奈良のレディスカイロプラクティックアトラスセラピーでは長引く膝の痛み、膝の変形、股関節症の回復の方法をお伝えしています。本当に治りたい人お任せください。